作業員

防音対策を確実に

自宅でも生ドラムを演奏できるような防音室をつくるためには数百万円というコストがかかります。そのため、信頼できる業者を見つけて防音工事を依頼することが肝心になります。

ガッツポーズ

ご近所トラブルの回避

数あるご近所トラブルの中でもとりわけ多いとされているのが騒音に関するトラブルです。生活音を周りに漏らさないための配慮が必要になる中、おすすめなのが住宅の防音工事です。音を外に漏らさないだけでなく、周りの音も遮断できるので、自分たちの生活スタイルをしっかり確保することが可能になります。

女の人

工事には2つのパターン

騒音対策はカーテンや雨戸を閉める、家具を騒音がする位置に動かすなど、自分で行えることもあります。それでもダメな場合は、防音工事を検討してみてください。防音工事には本格的なものと、窓だけに対策を行うものに大別されます。工務店に相談することで、適切な工事を提案してもらうことができるでしょう。

防音を行う

作業員

音の種類と防音の仕組み

自宅で楽器を演奏するときにあったら便利なのが防音室です。防音室があれば、隣近所に気兼ねなく楽器を演奏することができます。防音について考えるには、まず音が伝わる仕組みを知る必要があります。音が伝わる仕組みには2種類あります。まずは空気音(空気伝搬音)です。これは空気を媒体として伝わっていく音のことです。人が話す声やテレビの音などがこれにあたります。音の発生源から遠くなるほど感じ方は小さくなり、壁などの遮るものがあればある程度遮断することができます。次に固体音(固体伝搬音)です。音が床や壁、天井などに振動として伝わることにより感じるものです。例えばマンションで楽器を演奏したとき、音の振動がコンクリートに伝わって、下の階でもその音が聞こえるといった状態は固体音によるものです。防音室を設置する際、空気伝搬音と固体伝搬音の両方を防ぐ必要があります。空気伝搬音は壁を作ることである程度遮ることができます。しかしながら窓がある場合は、そこから音が漏れ出る可能性があります。したがって窓を2重窓にしたり、防音カーテンを取り付けたりするといった対策が必要です。固体伝搬音の対策は、特にマンションでは重要です。マンションは上下左右に住宅が密接しているからです。固体伝搬音の対策は、ゴムなどの緩衝材を利用することです。防音室はこれらの音の性質を考え、それぞれの音の伝わり方を防ぐ構造になっています。ゴムや吸音材などを組みあわせ、防音室は作られているのです。防音室を設置するには、専門業者に依頼すると良いでしょう。インターネットで探せば、防音工事を行ってくれる業者はすぐ見つかります。